フォト

つぶやき

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

タグ


facebook

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

生きてる生きてく

 先日、NHKのSONGSという番組を、2つ続けてやっていて、

ユーミンが仙台サンプラザホールでライブをやったというの

と、福山雅治が石巻に来たライブのものです。たまたま、

続けて見ました。

 うーん、最近のユーミンは聴いてるだけのほうがいいな、

とか、福山はやっぱ見ながら聴いた方が癒されるわ、なんて

思いながら見ていました。

 その中で、福山雅治の「生きてる生きてく」を聴いて、涙が

こぼれました。初めて聴いたのは、別の歌番組で、ドラえもん

の映画の主題歌だと聞きましたが、なんて素敵な歌詞なんだ

ろうと思いました。

 私は時々、「自分の生きている意味」ってどこにあるのか、

なんで今、一生懸命生きていかなきゃいけないんだろう、いずれ

私もまわりの人たちも死んでしまうし、この地球だっていつかは

滅びて何もなくなってしまうのに、今、何かを残そうとすることに

なんの意味があるんだろう、なんて考えて、嫌になることがありました。

 いつもいつも答えは出なくて、生きてる意味なんて何も感じられない

のに、泣いたり笑ったり怒ったり悩んだり、何かを欲しがったり・・・

何も考えなくても、そういう感情は次から次へと溢れてしまう。それに

流されて、生きてるだけなんだと思っていました。

 けれど、この歌を聴いたときに、「あぁ、そういうことなんだな」と、

胸にすとんと落ちるものがあって、それが何かはわからないけど、

自分は何かに生かされていて、自分とか今自分の目に見えている

もののためにじゃなく、生きているんだな、なんて思ったのです。

 ちょっと、仏教に通じるところがあるかもしれませんね。

 そう考えると、生きていくために、宗教を学ぶというのも大事な

ことに思えます。

 とりあえず、二男が家からいなくなってやる気が出ない症候群

にかかっていましたが、福山のおかげで、少し元気が出ました。

 それにしても、この年になっても、「自分がこんなふうになるとは

思っていなかった」というような初めての精神状態を経験すること

があるんですね。それもある意味新鮮です。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします   にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へこちらもポチっと
にほんブログ村

2012年3月22日 (木)

祝電

 祝電をください、って頼まれること、ありますよね。

 今はインターネットでも祝電が打てるそうで、でも

私はクレジットカードがないので、できません。

 電話でいちいち伝えるのも面倒だな、と思い、

郵便局に行きました。

 なぜ、郵便局に行ったか?というと、レタックスと

いうのを送ろうと思ったからです。でも、その時点で、

レタックスのことをよくわかってなかった。

 郵便局の窓口で、「電報を送りたいので、用紙を

ください」と言ったら、女性の職員の方はちゃんと出し

てきてくれて、説明してくれました。その時、手書きの

状態で送られるということが判明。いや、判明じゃない

けど、私が理解したってことで。でも、せっかく来たの

だし、それでもいいや、と思いながらも、この原稿用紙

に書いたのを、電文にしてくれないのか?と思ったり

していたのですが、書き終わって窓口で、違う男性の

職員に「これ、電報をお願いします」と言ったら「これは

レタックスですが、電報はNTTさんなので・・・」と言われ

初めて違いに気が付きました。

 まぁ、義理は果たせたと思うので、いっか。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします   にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へこちらもポチっと
にほんブログ村

2012年3月 6日 (火)

ミシンの使い方

 引越しをする二男のために作るものがあり、

何年かぶりにミシンを出した。何年ぶりかも

思い出せないほど、ひさしぶりだ。

 とりあえず、電源を入れるところまで、できた。

 前回の糸がセットしたままだったので、今回

使う糸の、まず下糸を巻かなければならない。

・・・・どうやるんだっけ???ボビンはどこ?

何も思い出せない。あちこち開けてみるが、

思い出せない。説明書・・・どこにやったのか

見当たらない。

 ほんと、困った。仕方ないので、私よりも

数倍思い出せないであろう、母親に聞いてみる。

案の定、「足踏みミシンしか使えないよ」と返事。

でも、もしかしたら、下糸の巻き方ぐらい発見

できるかも、とミシンの前に連れて行ってみた。

 そこで、なんと突然私が思い出したのだ。

「そうだ、ここを開けるんだった」あぁ、よかった。

 今度は、針に糸を通して・・・・見えない!

 老眼で、メガネをかけていると見えないが、

はずすと見えるという事実が発覚。

 色々とがっかりしながら、やっと縫う。

 すると、今度は縫い目がやたらと細かい。

 おかしい・・・・どこかで調整できるはず・・・

 1晩経ってから、調整の仕方を思い出し、

なんとか縫い終えた。

 昔は、お裁縫とか編み物とか、好きでよく

やってたのになぁ・・・と思い、「仕事辞めたいなぁ」

と、6歳になった三男に言ってみたけど、無視された。

 そうだよね、うん。

2012年3月 2日 (金)

もうすぐ・・・

 3.11からもうすぐ1年が経とうとしています。

 その日が近づくにつれ、落ち着かない気持ちに

なるのは、被災地に暮らす人々にとっては当然の

こととも言えるでしょう。

 仙台というと、立派な被災地ですので、私も被災者

です。家も半壊で、今も医療費は無料です。ただ、

生活自体は以前と変わりなくできていて、仕事も

できています。

 最近、私は、これでいいのいか?と時々考えるように

なりました。それは、司法書士という職業だからかも

しれません。

 もっと、被災者の方々のために、何かしなければ

いけないのか、もっと色々仙台や宮城や東北のことを

考えなければいけないのか・・・

 悩むというほどではありませんが、不安感というか、

違和感というか、焦燥感というか、自分でもよくは

わからないけれど、そんな感じです。

 震災直後は、とにかく子供たちに食べさせることが

一番で、それが落ち着いたら、自分の家の修理のこと

と、事務所の仕事のことで大変で、そんな時期でも、

他人のために何かしようと動いていた方々がいると

いうのは、人間の出来が違うとしか思えませんが、

要は、自分は何もしていない、ということなのです。

 司法書士会の行う相談会等には都合のつく限り、

参加してはいますが、それも一生懸命というほどで

はありませんし、積極的に被災者の役に立とうという

考えもありませんでした。

 困っている人の役に立ちたいと思って仕事をしている

のは、震災には関係ないことで、だから、震災関係

だろうとそうでなかろうと、相談は無料で行っています。

でも、それは以前から同じことをやっているだけで、

この震災が私に何か影響を及ぼしたのかどうかが

わからないのです。

 震災にあって、人生観ががらっと変わった、という

話をよく聞きます。変わったのかどうかがわからない、

変わっていないかもしれない自分が、不安に思える

のかもしれません。

 こんな私でさえ、こんな気持ちになっているのです

から、家を失ったり、大切な人を失った方々は、

落ち着くどころか、ますます落ち込んだり、辛い気持ち

に押しつぶされそうになっているのではないかと思います。

 今でもかなりの場所に「がんばろう」とか「絆」とか、

とにかく一緒に頑張ろうよ、というスローガンが掲げられて

いますが、当初から私は違和感があり、それは今も同じ

です。それでも、復興のためには必要なものなのでしょうか?

復興、復興と言い続けないと、前には進んでいけないの

でしょうか?何か、企業とか、行政とかのために言っている

ように感じます。

 たくさんの人に、メンタルサポートが必要な状況になると

思われますが、私もどこかで気持ちを切り替えるとか、

していかないといけないかもしれません。思いは一生

抱えていくものだとは思いますが、自分の心が健康じゃ

ないと、他人の相談にはのれませんよ、と先日の

研修会で教わりましたので。研修、役に立ってます。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします   にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へこちらもポチっと
にほんブログ村

2012年3月 1日 (木)

祝卒業

 今日は、二男の高校卒業式でした。

 仏教主義の学校なので、仏教の儀式的な感じで

息子がお経を唱えてるなんて、不思議な気がします。

 二男は、男の子の割に小さい時から変わらず家でも

おしゃべりで、学校のこととか友達のこと、よく話して

くれるので、家の中では私の一番の話し相手でした。

 そんな彼が、高校を卒業して、あと半月もすると、

神奈川に行ってしまうと思うと、すごく淋しくて、彼も

心細いと思っているようですが、私も心細くて仕方あり

ません。それでも、うちにはまだ三男がいて、こちらは

春から小学生なので、おそらく私も、あまり淋しさを

感じるひまもないかもしれません。

 その三男は、2回目のインフルエンザにかかりました。

最初がA型、今回はB型です。予防注射を2回も打って

いるのに、すごい感染力・・・周りでも2回かかったという

子供の話をよく聞くので、今年はそういう子が多いのかな?

 そんなわけで、今日は午前中卒業式、午後は子守で

仕事はお休みです。

 今月は、自分のフラのイベントもあり、子供たちの入学

と引っ越し準備(小学校の準備は手つかず状態)、その他

司法書士・弁護士・行政書士合同の女子会もあるので、

ちょっと忙しいけど、そのほうが気持は置いておけるので

いいかもしれません。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします   にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へこちらもポチっと
にほんブログ村

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »