フォト

つぶやき

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

タグ


facebook

« 2016年4月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年6月

2016年6月17日 (金)

後見人に必要な経験値?

 成年後見業務のなかで、後見人として、

本人所有の土地の上に設定されている根抵当権の
確定請求をすることになった。
 後見業務をしていると、普段は経験できないようなことが
当事者として経験することになる。
 今までの経験だと、お墓の改葬(実際にお骨を取り出して)、
相続債務の免除交渉、お葬式や納骨の手配、病院の解体工事、
売買や解体に伴う家屋内の動産処分、家の新築、などなど。。
 どれも貴重な体験で、司法書士としての幅も広がっていると
思う。
 けれど、後見業務を行うにあたって、必要な経験値ってあるの
だろうか?私はそこはあまり必要ではないと思っていて、それは
未成年後見でも同じと考える。
 要は、「子育て経験とか、そういったものがないので未成年後見は
自信がない」と言う司法書士もいるけれど、全然必要じゃないと思うのだ。
 未成年後見人は親権を持つことになるが、親の代わりにはなれない。
特に専門職は養育もしないので、そこを意識する必要はなくて、
一人の大人として、寄り添っていけばいいだけだと思う。
 子どもたちにとって、そういう大人の存在があるかないかという
ことは、とても重要なことだと思う。
 しっかり育てなければ、とか、親以上のことをしようとする必要は
ないわけで、存在そのものが支えになるのだと思って、取り組んで
みてほしいなと思う。
 そうやっていくうちに、経験が積み重なって、それが別の業務にも
活かせるようになるはず。
 ということで、根抵当権の確定請求の内容証明を作らなきゃ。

« 2016年4月 | トップページ | 2017年3月 »